私が出会った苦手克服する為の本

私が出会った苦手克服する為の本

英語を学ぶ中で私が一番苦手にしているのが英文ライティングです。

単語の意味を答えたり、和訳するのはゲームをしているような感覚があるので楽しく出来ているのですが、英文ライティングだけはどうしても楽しみ方が分かりません。

どうにか楽しさを見つけて進めていこうと思うのですが「勉強」というイメージが強すぎて楽しみ方を見つけるける事が出来ません。

元々、文を作っていくという事に苦手だなという思いがあるのでその思いが先行してしまって楽しみを見つける前に苦手だからしたくないという思いが勝ってしまっているかのようにも感じられます。

そんな英文ライティングが苦手な私が、苦手意識を取り除くために購入した一冊の本があります。

その本は英文ライティングの基礎から上級者向けまでの問題・解説が分かりやすく載っていて初めはパラパラと読んでいただけだったのが、いつの間にかノートを開いて問題を解いていました。

ヒントの一言メモが面白かったのもその本に熱中してしまった理由かもしれません。

ネットなら時間を気にせず学べます

英文ライティングを習っている場合、必ず気にしなくてはいけないのが時間だと思います。

英文ライティングの情報

教室に通っている場合は授業の時間に間に合うように仕事の調節をしたりしなくてはいけなくて、私は何回かどうしても仕事が終わらずに授業に出られず出られなかった分どんどん遅れてしまって最後は付いていけなくなり辞めてしまいました。

仕事の終了時間がバラバラだったので、決まった時間に行かなければいけない教室はもう無理だなと思い時間の決まりが無く周りと一緒にではなく、自分のペースで続けていける方法はないかなと探していると、教室は教室なのですが通うわけではなくメールでの提出で学んでいくので自分のペースで進める事が出来ますし、分からないところはいつでも質問できるので時間を気にすることなく学ぶことができ仕事の時間にバラつきのある私には、ピッタリの学習方法でした。

月に一度テストもあり自分の実力が上がっているのかがハッキリ分かりますし、少しずつレベルを上げてくれるので負担を感じる事はありません!

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.